• Daisuke Matsuura

「ラグビーにおける5つの重要なGPSデータ」

本日は、

ラグビーにおける GPSの使い方について説明します。


今回は5つのポイントについて書きました。

1:重力負荷の比較と分析

2:ウイングのスプリント回数を追跡

3:各スピードゾーンに焦点を当てる

4:ポジションに応じたトレーニングドリルを設計する

5:負荷に焦点を当てる

こちらの記事が

少しでも

皆様のお役に立てたらと思っています。

ラグビーは高強度な

スポーツと呼ばれており、 加速、 減速、 方向転換、 高速走行、 タックルなどの

繰り返しが多いことが特徴です。


したがって、 チームが最大限の能力を

発揮できるように準備、

練習するためには、

かなりの量の計画とチームワーク、

およびコミュニケーションが必要です。


GPSデータを使用した アスリートモニタリングシステムを

使用する事で、 選手の適切な負荷の

モニタリングする事ができ、 正確な試合の準備ができているかを

確認する事ができます。


SPTは「Iron Up Rugby Academy」と会い、 GPSの使用方法について議論しました。


「Iron Up Sport」は、 運動能力、 運動スキルの指導、 身体能力の構築、 アスリートのための 競技サポートを

専門としている機関です。

「Iron Up」のスポーツ科学者の、

ブラッドリー・ジェノバ氏は、 GPSデータを使用する際の 「ラグビーにおける5つの重要なGPSデータ」

を発表しました。





1:重力負荷の比較と分析

タックルは、

明らかにラグビーに置いて

大部分を占めます。



非常に強烈なタックル受けた場合、 選手は急ブレーキをかけたときに経験する F1ドライバーの2倍の重力負荷を

受けることがあります。



2015年の

ラグビーワールドカップで行われた タックルの最大数は、

7試合合計913タックル。

南アフリカ

「スプリングボックス」によるものでした。


トーナメント中、 スプリングボックスのフランカー、 フランソワ・ロー選手の

タックル回数は77回でした。


この、 タックル回数 ジャンプ回数 ラック回数 モール回数 スクラム回数などの 各項目の回数における統計データは、 実際ゲーム中に選手が経験する 衝撃力とは同じではありません。


ゲーム中の強い重力負荷(7G〜8G)の 衝撃回数を分析した場合、 バックス選手の強い高衝撃回数は平均66回、

フォワード選手は

平均170も高衝撃回数があります。 体の重力的負荷は、 その後のパフォーマンスに 大きな影響を与える可能性があるため、 これらを分析することは重要です。





2:ウイングのスプリント回数を追跡

ウィングは、 ボールを持っていない時の ランニング時間が多く、 スプリントと

急加速が必要とされています。

今年のラグビーワールドカップで

最速の選手は、 スプリングボックスの

スブ・ヌコシ選手で、 彼の最高速度は34km / hと

記録されています。

この速さと

軽快なフットワークを

備えてた彼を、 止めることは難しいという事だ という事は言わなくても

理解できるでしょう。


コーチやスポーツ科学者が競技中の ウィングのスプリントの回数を

追跡することで、

実際、 選手がトレーニングですべき 本当のスプリント回数を

知る事ができます。 これにより、 選手たちのオーバーワークを

避ける事ができ、 身体の軟部組織の損傷のリスクを

減らします。





3:各スピードゾーンに焦点を当てる

ブラッドリー氏は セッションごとのランニング距離、 セッションの継続時間、 および各スピードゾーンでの

ランニング距離は、 重要なポイントだと言います。

各スピードゾーンにおける距離の分析は、 選手のトレーニング負荷を

すばやく示します。


様々なスピードゾーンにおける

ランニング距離を 分析することで、 コーチは各選手の

休息率を評価でき、 また、

プレー中の回復時間を知る事ができます。





4:ポジションに応じた

トレーニングドリルを設計する

ラグビー選手のトレーニングは広範囲に及びます。 各ポジション事に

特有のスキルトレーニングがあります。

昨今になり、

それらポジション特有の

トレーニングが

重要だとされるようになってきました。


たとえば、

プロップと フルバックでは 見た目やスキルだけではなく、 生理学的特性も

異なります。


そのため、

ゲーム中で必要とされる

プレーは異なります。 プロップの選手は

スクラムに焦点を置き、 ラックをクリーンしたり、

短い距離のランニングで

パワーを発揮し、 強いコンタクトを

行うことを必要としています。


一方、 フルバックの選手は

ボールを持っていない時間が多く、 ボール蹴った時など、

縦に長い距離のランニングなどが、 必要になります。


トレーニングの効果を

高めるためには トレーニングの効率性を

考えなければなりません。



そのためには、 各ポジションの選手が 取り組まなけばならない トレーニングを明確にし、 それらを上達するための時間を 選手に与えてあげる必要があります。



そのため、Iron Up Sportでは、

ブラッドリー氏は、

特にフォワード選手には、 力の発揮と 持久力を兼ねた

トレーニングに焦点を当てます。


一方、バックスの選手には、 さまざまな敏捷性、 ハンドリング、 加速をすることに焦点した ドリルを用意します。





5:負荷に焦点を当てる

ブラッドリー氏は言います。


「GPSはトレーニングの

負荷を管理するのに役立ちます。 選手たちがゲームで

最大限パワーを発揮できる

ようにするためには、

彼らのランニングデータを

管理することが重要です。」


トレーニング中の

パフォーマンスデータを

管理する事は とても重要です。

これら各選手のデータは、 コーチがチームを

最適なパフォーマンス状態に 維持するための

貴重データとなります。



さらにブラッドリー氏は、続けます。


「SPT GPSシステムは、

Iron Up Sportで行われる

トレーニングセッションの質を高め、

負荷の管理

および測定することを

可能にしました。

アスリートのセッションごとの

必要なランニング量を設定し、

毎週、ほぼ同程度の負荷を選手に

かけ続けることができるようになりました。」

選手の

トレーニンングの負荷を 管理することにより、 怪我を防ぎ、 より効果的な

トレーニングを行うことができます。 その結果、 試合でより良いパフォーマンスを

発揮できるようになります。



もし、興味が沸きましたら、

是非ご連絡ください。



#ラグビー #GPS #スポーツ分析 #SPT

106回の閲覧

SPT スポーツ・パフォーマンス・トラッキング

株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5  電話:03-5432-6262 
support@sportsperformancetracking.jp