• Daisuke Matsuura

選手が練習に全力で取り組む秘密、を知りたい方は他にいませんか?



本日は、SPT2 GPSを購入したアメリカの女子サッカーチームのコーチ陣になぜ購入したのか?


どう使用しているのか?


についてお話を伺うことができました。

それではお楽しみにください!!




スミスソンバレー高校

女子チーム・レンジャーズについて


GPSトラッキングは、スミスソンバレー高校女子サッカーチーム・レンジャーズ(以後レンジャーズ)などの、全国の高校サッカーチームのトレーニングの雛形を作っています。

レンジャーズはテキサス州スプリングブランチにあり、過去16年間(2003年、2004年、2010年、2011年、2012年、2014年、2015年、2016年)の地区チャンピオンの座を8回取りました。

レンジャーズのコーチジェイソン・アドキンス氏(アドキンス氏)とケビン・パーマー氏(ケビン氏)は、SPT2 GPSテクノロジーを導入した理由を以下のように語っています。




(インタビューここから)

チームが成功をするためには、推測でトレーニングするのではなく、選手のパフォーマンスをきちんと測定する必要があると思っていた。


そして、レンジャーズは、次の4つ理由からSPT2 GPSを導入することを決めたんだ。




1、努力度を測定し、

選手自身に

トレーニングの

責任を持たせる。

GPSトラッキングを使用する前は、選手たちへのフィードバック、特に各選手が高いレベルで努力をしているかどうかを推測頼りに評価してきた。

多くの場合、目で見た感覚を手書きでメモして活用していたんだ。


今までは機材もなく、現実的にそれしかできなかった。

SPT2 GPSを使うことで、合計距離やワークレートなどの努力値が可視化され、選手が自分の努力に責任を持つようになると考えたんだ。

SPT2 GPSを導入後は、各選手がトレーニングに責任を持つようになり、チーム内での競争とリーダーシップの向上も見られた。


新しく入ってきた若い選手は、毎日最高の状態を維持するために真剣なシニア選手の背中から刺激をもらってる。

私たちは、どの選手にもチームのトレーニング強度を落として欲しくないんだ。


選手に責任の一部を渡すことで、チーム全体のパフォーマンスが高まっていくと考えている。



2、選手のパフォーマンスをチェックし、 選手が最高の状態にあることを確認する




(我々はパーマー氏に、次のような質問をしました。)




過去の計測データを比較したとき、

女性アスリートである彼女たちの

フィットネスレベルや

コンディション状態はどうでしたか?


過去1か月で向上は見られましたか?

9月9日から10月7日までのデータを比較すると、選手のランニング強度とワークレートが大幅に向上していることがわかったんだ。



ただ、SPT2 GPSの効果はそれだけではなかった。


ある日私たちは、ある選手のパフォーマンスが悪くなっていることに気づいた。


私たちはその選手と面談する時間を作り、調子について話をした。


そこでなんと、彼女が病気を持っていることが判明したんだよ。


このおかげで、コーチングスタッフとアスレチックトレーナーは、彼女のためのトレーニングと治療を準備し、無事に彼女を復帰させることができたんだ。

これらに加えて、怪我から復帰した選手が、プレー中のスプリントに苦戦していることがわかったんだ。


怪我以前は俊敏に動き、サポートプレーも早く、パスの機会を作ることにも長けていたのに、怪我の影響で以前のようなプレーが出来なくなっており、個別のトレーニングをする必要があると知ることができたんだ。


3、身体の軟部組織の

損傷のリスクを軽減し、

回復と復帰を支援するため

SPT2 GPSのデータを活用し、パフォーマンスの長期的な変化を確認できることは非常に貴重だ。

選手にかかる負荷のピークを測定し、それらの統計を取ることで、選手が限界を超えないようにしながら、トレーニングを設定することが出来るようになった。


もし選手の100%がわからなければ、その50%を判断するのも難しいよね?


SPT2 GPSは、選手の基本能力を把握するのに役立つよ。


またアスレチックトレーナーも、怪我から戻ってきた選手へのリハビリ計画を立てる際、

安全を確保しつつも復帰に必要な強度のトレーニングをより正確に行えるようになったと言っているよ。


更には、スピードやスプリント回数を評価することで、選手が復帰以前のフィットネスレベルまで復帰できたことを知ることもできるんだ。




4、タレントを見極める

選手の技術レベルは、チームが評価を決めるときに重要な要素の1つではあるが、スキルだけでは選手の努力や、潜在能力を判断することは出来ない。


スキルのある選手が疲労の為に普段の試合の3分の1のレベルでプレー出来ない場合、チームの力もゲームの終盤に向けて落ちていく危険性がある。

SPT2 GPSのパフォーマンスデータを使用することで、パフォーマンスの良い選手を確認することができ、出場選手を決めるときにも役立つんだ。

例えば、ほぼ同じスキルレベルの2人の選手がいるとする。


1人は若い選手で1試合を通じてハードワークをしてくれる。


もう1人は長くチームに所属してはいるが、ときに全力を出さないこともある。


こういう場合は、よりハードワークをしてくれる若手を起用するようにしている。

スミスソンバレー女子サッカーは、SPT2 GPSテクノロジーを活用したことで、個々の選手とチーム全体の両方のパフォーマンスが短期間に大きく成長した。

GameTrakaを使えば、スプリント回数、移動距離、ヒートマップ、選手同士のデータ比較などの主要なデータ、選手たち自身で簡単にアクセスできるようになる。


私達はこのようにして、推測ではなくGPSの情報に基づいた判断を一貫して行っている。



(インタビュー終了)

最後に

いかがでしたか?

GPSデバイスを使うことで、トレーニング強度を可視化できるようになる。

何より1番の驚きが・・・

選手たちが自分たちのトレーニングに責任を感じ始めたと言うこと。

ではないでしょうか。

選手自身が全力で練習に取り組むかどうかは、指導者の方にとっても悩みの1つはないでしょうか?

もちろん、指導者の目や、感覚は本当に重要だと思っています。

しかし、最新技術の力を借りれば、その目や感覚に裏付けとなるデータを作ることができるのです。

選手たちは、そのデータによって、自らの「努力」を見ることができます。

自らの現在地がわかれば、選手たちは動き出すかもしれませんね・・・

SPT2 GPSは無料のデモサービスも行っております。


興味のある方はぜひ以下のURLよりお問い合わせください!

18回の閲覧

SPT スポーツ・パフォーマンス・トラッキング

株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5  電話:03-5432-6262 
support@sportsperformancetracking.jp