• Daisuke Matsuura

FIFAがGPSテクノロジーから見たものとは?


数ヶ月前に 2019女子ワールドカップが

フランスで行われました!! サッカー選手であれば、 誰もが一度、

「ワールドカップでプレーしたい」 と憧れるのではないでしょうか?


データによるパフォーマンス管理

近年「技術、戦術、メンタルトレーニングに加えて、フィジカル的な側面も女子サッカーは急激に成長しています。サッカーゲームそのものが進化し、ゲームの展開速度が急激に早くなってきました。そのためどんなレベルでプレーしても、サッカーには徹底したフィジカルの準備が必要だ」 とFIFA事務局長の

サモウラ氏は言います。

2015年の

FIFA女子ワールドカップでは、

すべてのチームが

GPSテクノロジーを利用しており、

FIFAは貴重なフィジカル分析データを

得る事ができました。



各チームは着用可能な

GPSユニットを使用して、

各選手の位置、

速度、

距離、

心拍数などを

すべて監視しました。


そして、

このGPSから得たデータを

分析する事で、

各選手がいつ、

どのようなパフォーマンスしたかを

正確に把握する事ができ、

その情報を使用し、

チームの次の戦略を

計画ができるようになったのです。


選手へのフィジカルトレーニングは、

サッカーのパフォーマンスを

高める1つの大きな要素であり、

技術、

戦術、

メンタルトレーニングと

同じように重要です。


短期間で

複数のゲームをする場合、

パフォーマンスレベルを

維持する為には、

選手の身体的負荷を

知る必要があります。


フィジカルトレーニングの

計画と準備は、

回復時間が

限られている連続したゲーム中に

選手のパフォーマンスを

落とさない為にも

とても重要です。



試合、

または

トーナメント中に、

選手のフィジカルに

関する情報が多いほど、

選手のパフォーマンスを

維持する為の、

計画が具体的になり、

また怪我のリスクを

減らすことができます。



新たな発見 FIFA分析レポートの主な発見は、

外側の選手は

1試合平均約10.2kmの距離を走り、 その内訳は、 約2.3kmは中速度(12.1-18km / h)、

約395mは、ハードランニング(18.2-21km / h)、

約235mがスプリント(21.1-25km / h)、

約55mを最高速度(25km / h以上)

で走っている事がわかりました。


またトーナメント期間中の

平均最高速度は30.1km / hであったそうです。


このW杯の総ランニング距離は、

米国のセンターミッドフィールダー

ローラン・ホリデー選手の12,718mでした。



レポートでは、

試合の進行とともに

試合の強度と身体的負荷が

増加していることがわかりました。



これは、

選手のトレーニングと

準備に大きな影響を与えます。




トーナメント中に記録されたデータは、

コーチや

ワールドカップサポーター、

将来ワールドカップを

目指す選手にとって

とても重要な指標となります。



GPSテクノロジーを使用すると、

コーチは各選手の

ポジション負荷に応じて、

チームの戦略を

計画したり、

フィジカルトレーニングセッションの設計する事がきます。


また、

GPSデータを見て、

ゲームの最初と

最後の15分間の

ランニング強度の差を

示すことで、

ゲームの疲労を

追跡することもできます。


この違いは、


「選手の疲労とチームの体力を示す良い指標になります。」



これにより,

コーチは、

試合の負荷と

トレーニングの負荷の

バランスをとることができます。


#サッカー #パフォーマンス #スポーツ分析 #sptgps #走行距離

0回の閲覧

SPT スポーツ・パフォーマンス・トラッキング

株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5  電話:03-5432-6262 
support@sportsperformancetracking.jp