• Daisuke Matsuura

USラクロスマガジンに掲載して頂けました

今回は、

ラクロスマガジンの記事の内容を

翻訳させて頂きました。





ラクロスは、

高強度のスプリント、

急激な方向の変化、

接触があり、

試合のペースも速く、

身体的負荷が高いゲームのうちの一つです。


その為、

選手たちは試合に向けて

最適な準備ことは

とても重要です。


スポーツパフォーマンストラッキング(SPT)の

導入SPT2アスリートトラッキングシステムは、

最高速度、

総距離、

運動強度、

選手のワークロードなどの

データを追跡することができます。


それらを使って、

コーチは

選手個人、

または、

チームの

パフォーマンスを向上させるように

トレーニングを計画することができます。



トレーニングセッション中に

選手の背中を強く押しすぎると、

疲れ果てた選手たちを

試合に送り出してしまう

可能性があります。


一方、

身体が鍛えきれていなければ、

試合中高いパフォーマンスを

維持することができません。



その結果・・・



選手が怪我をする可能性は

非常に高くなります。

選手全員が極めて健全でなければ、

個人、

もしくは、

チームゴールを達成し、

高いパフォーマンスを

維持することは非常に困難です。


SPT2 GPSデバイスによって

記録された情報を

使用した選手ごとの

トレーニング基準を

正確に理解することで、

よりスマートな

トレーニング計画を

作成する事ができると思います。


オハイオ州の

St. Xavier高校の

アスレチックトレーナーである

マイケルゴードン氏にとって、


SPTは

チームのパフォーマンスを維持するのに

とても重要な役割を持っています。


試合や練習の動きの

パターンを追跡することで、

彼は試合の日に

可能な限りフレッシュな選手を

選出するという

コーチにとって

究極の目標を

達成することができています。


ゴードンはこのデータを使用して、

コーチングスタッフに、

対戦相手に基づいた

トレーニンセッションについて

アドバイスをしました。



「7日間で3つの厳しい試合があった場合、トレーニングの量と強度を確実に下げることが、選手のフレッシュさを保ち、怪我の予防への鍵となる」 と彼は言いました。


GPS追跡データが

提供するリアルタイムの

情報とフィードバックにより、 チームのパフォーマンス文化が

進化しています。

プレイヤーは自己認識能力を深め、 これにより、

毎日パフォーマンスの向上に

集中する事ができています。


Team USAは最近、SPT GPSテクノロジーを採用し、

国内最高峰のラクロス選手の

トレーニングを助け、

彼らのパフォーマンスを

最大限引き出しています。


US National Teams Programで

SPT GPS使用する理由

USナショナル ラクロスチームの

ディレクターである

リッチフス氏は述べています。


1つ目は、

アスリートの

トレーニング負荷を

追跡するための

基本的な基本データを

見る事ができるからです。


次に、

データは時間の経過とともに分析され、

ストレングスコーチおよび

トレーニングスタッフが

トレーニングセッションを

評価および更新して、

最大の結果を提供する事が

できているからです。


興味のある方は、

ご連絡ください!!


デモ機もご用意しております!!


#コラム #スポーツ分析 #sptgps

4回の閲覧

SPT スポーツ・パフォーマンス・トラッキング

株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5  電話:03-5432-6262 
support@sportsperformancetracking.jp