• Daisuke Matsuura

オリンピック競技“セブンズラグビー”、その特徴に迫ります!




本日は、2021年のオリンピック種目でもある “セブンズ(7人制ラグビーの通称)“について書いていきます。

ラグビーといえば、昨年ワールドカップで大活躍したラグビー日本代表の姿が、思い浮かぶのではないでしょうか?

2019年に大きな盛り上がりを見せたラグビーは15人制ラグビーと言われ、本日紹介する “セブンズ”とは少し違ったものになります。

セブンズは15人制ラグビーと同じ大きさのピッチ(約100m×約70m)を、1チーム7人でプレーします。また、短期間に複数の試合を戦うのも特徴です。15人制ラグビー以上に運動量が求められるスポーツで、試合、大会ごとに選手にかかる身体への負担は、想像を遥かに凌駕します。

本日のブログは、そんなセブンズラグビーの「運動量」について、以下の流れでお伝えしていきます!

1、セブンズは休めない!?その過酷さと鍛えるべき能力とは

2、セブンズのトレーニングに必要な運動のポイント

3、競技特性のまとめ

それでは、どうぞ!!!

『“セブンズ”は休めない!?その過酷さと鍛えるべき能力とは』

セブンズで求められる身体的負荷は、15人制で必要とされるものとは大きく異なります。

セブンズでは、人数が少ない分、様々なスピード、種類のランニングが求められ、高強度なプレーが増加します。また、プレーが途切れることがほとんどなく、アタックとディフェンスなど攻守の切り替えが非常に素早いのも特徴です。

その結果、セブンズの選手の【運動時間と休息時間の比率】は、15人制のラグビーよりも大幅に低下します。

競技中の運動時間を分析した研究によると・・・

【運動時間と休息時間の比率】


運動時間:休息時間

-15人制ラグビー  1:2~4

-セブンズ      1:0.5

となっています。


もう少しわかりやすく説明すると、15人制ラグビーは、1分間のプレーに対して、2分から4分程度の休息が取れると考えてください。一方、セブンズの試合中には、1分間の激しいプレーに対して、30秒しか休息時間が取れないのです。

なんと、セブンズラグビーは、15人制ラグビーと運動:休息時間の比率が大きく異なるだけでなく、運動時間と休息時間の比率が逆転し、休息時間の2倍近くの時間激しくプレーし続けないといけないという、過酷な競技なのです。

そのため、セブンズラグビーの選手を指導するストレングス&コンディショニングコーチは、ウエイトトレーニングによって身体を作っていくことと同時に、非常に高いレベルで有酸素運動と無酸素運動を繰り返せるコンディションをトレーニングによって鍛えていく必要があるのです。


『セブンズのトレーニングに必要な運動のポイント』 ここからは、もう少し詳しく、必要とされる運動について見ていきましょう。

セブンズの試合では、選手は40m以上のスプリントを何度も要求されます。

試合に活きる練習を行っていくためには、試合中に必要な運動が、トレーニングに反映されている必要があります。そのためにも、短い距離(20m以下)のスプリントトレーニングだけではなく、比較的長い距離(30~50m)のスプリント能力もトレーニングで鍛えていくことが重要になります。

また、セブンズに関する他のデータによると、セブンズの選手は、15人制の選手と比較して、【ランニング量が約1.5倍】多いこともわかっています。

つまり、セブンズのコンディショニングトレーニングでは、15人制ラグビーに比べて、全体的なランニング量を増やしつつ、比較的長い距離のスプリント能力、運動時間に対して短い休息時間で行うトレーニングを取り入れていくことが必要といえるのではないでしょうか?

こういった、セブンズ特有の身体的および生理学的な要素を示したデータは、フィジカルコーチのみならず、多くのコーチにとって、【トレーニング計画やその準備のため】、参考になるのではないでしょうか?

『競技特性のまとめ』


今日の内容を簡単におさらいしてみましょう。

・運動時間に対して、休息時間が非常に短い

運動時間:休息時間

-15人制ラグビー  1:2 〜 4

-セブンズ      1:0.5

・セブンズのランニング量は15人制ラグビーの、1.5倍

・長い距離(40m程度)のスプリント能力が求められる


『最後に』

いかがでしたか?

GPSによる運動データの計測が世界中で行われるようになってから、スポーツの中身が少しずつ解剖され、明らかになってきています。その結果、試合に必要なトレーニングが分かり、不足したトレーニングを補ったり、オーバーワークを防いだりすることができるようになってきました。

選手たちは、大きなプレッシャーを受けながらも懸命にプレーし、試合に勝利できるように取り組んでいると思います。私たちは、そういった選手達や、彼らを育てている指導者の皆様に、最新の機器やデータを通じて、貢献できればと考えています。

「チームの試合データを取ってみたい」

「データを元にトレーニングを組んでみたい」


という方は、是非お問い合わせよりご連絡ください!

本日もお読みいただきありがとうございました。

データ参考元 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3445645/#CIT0004



『筆者 Daisuke Matsuuraについて

関西大学大学院卒。オーストラリア、ニュージーランドでラグビーコーチング、分析等を学び、現在はニュージーランドと日本でラグビーコーチ/アナリストとして活動中。コーチとして、ラグビーワールドカップの優勝を目指している。今後は、ヨーロッパやアルゼンチンへ活動を拡げようと計画中。言葉、映像、環境を操り、人との繋がりを大切にして、選手のパフォーマンス向上とチームの勝利を目指しています。

SNSにて、最先端のラグビーコーチ、アナリストとしての活動内容を日々投稿中!!


Facebookで活動を確認する

Instagramで活動を確認する

スポーツ・パフォーマンス・トラッキングの公式SNSアカウントは以下から

スポーツ・パフォーマンス・トラッキング公式Facebookはこちら

19回の閲覧

SPT スポーツ・パフォーマンス・トラッキング

株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5                電話:03-5432-6262
support@sportsperformancetracking.jp